お悩み別アプローチ法

シミ

シミについて

シミ予防に

シミの原因は?

肌の細胞からメラニン色素が放出され、暗く見えるところをシミと言います。

主に紫外線や加齢によって起こります。

〇紫外線によるシミ

紫外線UVB派を浴びると表皮の基底層にあるメラノサイトが活発になりメラニンを産生します。

 

正常な肌の機能では産生されたメラニンは還元され通常の肌の色に戻りますが、紫外線の浴びすぎや加齢に伴いメラノサイトによるメラニン放出が過多となり、ある一部分の肌の色が濃く見えます。これが一般的に多いシミの原因です。

 

 

〇加齢によるシミ

年齢が上がるとリポフスチンというシミを作る物質が増えてきます。リポフスチンは別名「老化色素」とも呼ばれ、シミや肌の黄ぐすみの原因となります。リポフスチンは活性酸素に関係が深く、白砂糖を沢山摂取することで活性酸素が体内で発生し、リポフスチンを増加させシミをつくる、いわゆる砂糖ジミの原因となります。紫外線や加齢なども活性酸素を増やす要因となります。

シミの種類

老人性色素班:いわゆる一般的にシミと言われるもので、紫外線や加齢によりできる褐色のものです。
炎症性色素沈着(ADMなど):ニキビや虫刺されなど炎症を起こした後に色素沈着を起こしたものです。
雀卵斑:そばかすと言われるウズラの卵の模様に見える細かい斑点で主に遺伝によります。
肝斑:左右の頬に対称にできることが多い広範囲に広がる暗い色のもやで、女性ホルモンが関与すると言われています。

 

ハリエッセンスでは

出来てしまっているシミへのアプローチは難しいですが、薄いシミ(老人性色素班、炎症性色素沈着)は鍼やフェイストリートメントで血行を促進し、肌の代謝を上げることでメラニンの排出を促します。また、肝斑も血流が悪いと色が濃く見えてきますので、鍼によって血流を促進することで薄くみえてくることがあります。

当院では美容鍼コースでもお身体にも鍼施術をさせて頂いております。全身の血流を良くしたり、その方の体質に合わせて弱っている内臓機能を整えることでお顔色のトーンが上がり、くすみも改善するためシミが薄くなったように感じる方もいらっしゃいます。

〇シミ予防・対策

シミの予防にはメラニンを還元するビタミンCが有効です。但し、ビタミンCは非常に分解されやすいためこまめに摂取(または塗布)することが必要となります。また、ビタミンEはビタミンCの働きをサポートし長く働かせることができ、また抗酸化作用も高いため同時に摂取することをお勧めします。肝斑にもビタミンCは有効です。

シミは予防することが大切ですので、紫外線対策はもちろんですがお肌のバリア機能を整えたり、お肌の代謝を上げて血流を促進し、肌への栄養がいきわたること、日頃の食事などもとても重要です。

兵庫県西宮市高松町11-2 ピアン西宮205

受付時間:10:00~19:00
休業日:不定休
※完全予約制

お電話でのご予約

0798-66-8818

※施術中はお電話に出ることができません

ネットでのご予約

24時間ネット予約受付中です。

ネット予約はこちら

24時間ネット予約受付中です。

兵庫県西宮市高松町 11-2 ピアン西宮205
阪急西宮北口駅徒歩2分

0798-66-8818></span></p>
<p style=受付時間:10:00~19:00/休業日:不定休
※完全予約制

施術中はお電話に出ることができません

ネット予約はこちら
CLOSE