コラム

夏バテにも鍼灸

少し外に出るだけでも暑くて汗が噴き出る季節ですね💦暦の上でも大暑です。この頃から少しづつ夏バテしてくる方もいらっしゃると思いますので今日は夏バテについて東洋医学的なお話しと夏バテ予防について書いていきます😉

夏バテを引き起こす原因

当院に来院されている患者様でもこの季節は外と室内の気温差で身体がお疲れの方がたくさんいらっしゃいます。このような気温差はストレスとなり身体の自律神経が乱れる原因となります。そういった体の状態に冷たい水や食べ物を頻繁に摂ると体内の内臓機能も疲労してくるため食欲が落ちる、疲れるなどのいわゆる夏バテを引き起こしてしまうのです。

東洋医学からみる夏バテ

東洋医学的には夏バテを以下の3タイプに分けて考えます。

①疲労タイプ

炎天下で長時間過ごしたり、大量の汗をかくなどで体力を消耗したタイプ。食欲低下や体のだるさ、元気が出ず疲労感が取れない、めまいなどの症状がある。夏風邪をひきやすいタイプ。

②熱がこもるタイプ

発汗などで身体の水分が少なくなり、体内に熱がこもってしまうタイプ。手足がほてる、のぼせる、頭痛などの症状がある。熱中症になりやすいタイプ。

③むくみタイプ

ビール、麺類、アイスクリームなど冷たい飲食物をたくさんとることで胃腸の働きが落ち、体内の水分の排出が悪くなるタイプ。身体が重い、むくみ、下痢、食欲不振などの症状がある。

ハリエッセンスの夏バテ治療

ハリエッセンスでは問診をしっかり行い、患者様のもともとの体質と夏バテのタイプを見極めます。

そして弱っている内臓機能を整え、不調に対処するツボと自律神経を整える根本からのアプローチの両面から不調を改善していきます。

ハリエッセンスの鍼灸では自律神経を整えて体調の不調を減らし、カラダとココロが楽になる体質に導きます。

夏バテ予防法

〇夏バテを引き起こしやすい食べ物

ビールや揚げ物、麺類、アイスクリームなどはほどほどに。。。

 

〇おうちで自律神経を整えるにはお風呂

室内と外との気温差や、冷房が効いている中でずっと過ごすなど体温調節が難しく乱れてしまっている自律神経をリセットするにはゆっくりお風呂につかるのがおススメ。暑い夏はシャワーで済ませがちですがしっかり身体を温めて副交感神経を優位にして、お身体のリラックス状態を作ってあげてくださいね。

 

まだまだ暑い日は続きますが、元気に乗り切りたいですね!!

西宮北口で女性鍼灸師がいる鍼灸院はハリエッセンス

お身体の鍼コース詳細はこちらから

他にもこのような症状でお悩みの方にも鍼灸治療はおすすめです!

兵庫県西宮市高松町11-2 ピアン西宮205

受付時間:10:00~19:00
休業日:不定休
※完全予約制

お電話でのご予約

0798-66-8818

※施術中はお電話に出ることができません

ネットでのご予約

24時間ネット予約受付中です。

ネット予約はこちら

24時間ネット予約受付中です。

兵庫県西宮市高松町 11-2 ピアン西宮205
阪急西宮北口駅徒歩2分

0798-66-8818></span></p>
<p style=受付時間:10:00~19:00/休業日:不定休
※完全予約制

施術中はお電話に出ることができません

ネット予約はこちら
CLOSE