お悩み別アプローチ法

生理痛・生理不順・PMS(月経前緊張症候群)・不妊

生理痛・生理不順・PMS(月経前緊張症候群)・不妊について

このようなお悩みはありませんか?

  • 毎月、腰や下腹部が痛くなる
  • 月経痛がひどく仕事や家事に支障をきたす
  • 月経が月に2回来たり、2.3か月来ないこともある
  • 月経前や月経中にイライラ、気持ちの沈み、倦怠感、不眠、むくみ、吐き気、頭痛、便秘や下痢などがある
  • 月経が終わるまではしんどいが終わると体が軽くスッキリする
  • 月経が終わると身体が冷えたり疲れやすくなる
  • 月経前や月経中に暴飲暴食してしまう
  • 月経前に吹き出物ができる

原因は?

生理痛・生理不順の原因は、機能性月経困難症器質性月経困難症に分けられます。
機能性月経困難症は、10歳代後半から20歳代前半以降に多くみられ、特に婦人科疾患などはなく、ホルモンの分泌過剰が主な原因です。ストレスや冷え食生活など様々な原因が考えられます。
器質性月経困難症は、20代後半以降に多く、月経困難症の原因となる疾患(子宮筋腫 子宮内膜症・卵巣嚢腫)などが原因で起きます。またはPMS(イライラする・気分が落ち込む・体調不良等の月経前緊張症候群)が原因で起きます。

これらの月経にまつわる不調は不妊にもつながりやすいため日頃から体調を整えておくことが大切で、不妊についても自律神経とホルモンバランスを整えるところ

ハリエッセンスでは

東洋医学では生理痛のような症状を血液の滞りと考えます。血流が悪くなる原因は、冷えやストレス、自律神経の乱れなどです。鍼灸施術をすることで血流や冷えを改善させていきます。
鍼灸は自律神経の調節ができるので、交感神経と副交感神経のバランスが整い、血行が改善され、自然治癒力も高めてくれます。それにより自律神経が整うと女性ホルモンのバランスも整います。

また、月経前、月経中、月経後のどの期間に不調が出やすいか、経血の量などもお伺いして体質についてもしっかり判断し、鍼を刺す場所を決め、体質によってはお灸も使用します。当院で使用するお灸は煙も少なく、ゆるやかに温まるものを使用しております。

 

当院は鍼の本数を減らし、身体に刺激がなく、最小限のアプローチで最大限の結果を追求していますので初めて鍼灸を受ける方も安心して施術を受けて頂くことができます。女性のお悩みが話しやすい女性鍼灸師のいる鍼灸院です。

<月経痛をひどくさせないために気をつけてほしいこと>

月経痛はプロスタグランジンというホルモンによると言われています。プロスタグランジンは子宮を収縮させ、経血の排出を促しますが過剰に分泌されたり体内に長く蓄積されると生理痛を引き起こします。カフェインは血流を悪くするために体内にプロスタグランジンが長くとどまり、生理痛を引き起こす原因となりますので、生理中はカフェインを控えましょう。生理中にはハーブティーなどもおススメです。

兵庫県西宮市高松町11-2 ピアン西宮205

受付時間:10:00~19:00
休業日:不定休
※完全予約制

お電話でのご予約

0798-66-8818

※施術中はお電話に出ることができません

ネットでのご予約

24時間ネット予約受付中です。

ネット予約はこちら

24時間ネット予約受付中です。

兵庫県西宮市高松町 11-2 ピアン西宮205
阪急西宮北口駅徒歩2分

0798-66-8818></span></p>
<p style=受付時間:10:00~19:00/休業日:不定休
※完全予約制

施術中はお電話に出ることができません

ネット予約はこちら
CLOSE