お悩み別アプローチ法

更年期障害

更年期障害について

このようなお悩みはありませんか?

  • ほてり、のぼせ、ホットフラッシュ、冷え性、息切れ、動悸
  • 肩こり、腰痛、関節痛、骨粗鬆症
  • 月経異常、閉経、生理痛
  • 頭痛、耳鳴り、めまい、不眠、イライラ、うつ、疲れやすい
  • 食欲不振、吐き気、嘔吐、むくみ
  • 身体が重くやる気が出ない

更年期障害の原因は?

成熟期の月経周期をコントロールしている女性ホルモンは、年齢を重ねると卵巣の機能が衰え、卵巣内の卵胞から分泌される女性ホルモンのエストロゲンの量が減少してきます。更年期でエストロゲンの分泌量が減少すると脳からはエストロゲン分泌の指令を促すホルモンが過剰に分泌されるようになり、ホルモンのアンバランスが起こります。すると自律神経のバランスも崩れやすくなり、更年期障害の多くは自律神経失調症の症状も出てきます。
これが、ほてり、のぼせや冷え、ホットフラッシュ、頭痛、めまい、イライラ、不眠、うつ、食欲不振など、さまざまな症状を引き起こす原因です。

女性の生殖年齢の変化

中国に伝わる中医学の内容が記載されている古典「黄帝内経(こうていだいけい)」では、女性は7の倍数の年齢で身体に変化が起こると考えられています。14歳で月経が始まり、49歳で月経が終わるというような事が書かれています。

7歳:腎気盛、歯更り、髪長し
14歳:天癸至り、月事下る、故に子あり
21歳:眞牙生じ長極まる
28歳:髪の長極まり、身体盛壮
35歳:面始めて焦れ、髪始めて白し
49歳:天癸渇き、形壊えて子無き

【『黄帝内経素問』上古天真論】

 

東洋医学的には更年期にホルモンバランスが乱れて自律神経が乱れると身体の上下のバランスが乱れてくると考えており、鍼灸治療ではこのバランスを整えるようにアプローチしていきます。

ハリエッセンスでは

更年期になるとホルモンバランスが乱れ、身体に不調が出てくる方も多くみられますが、東洋医学的に診ると身体の「気」「血」「水」と内臓などのバランスが崩れていると考えます。

更年期障害の改善に使われる漢方でも加味逍遙散(かみしょうようさん)温経湯(うんけいとう)五積散(ごしゃくさん)桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)温清飲(うんせいいん)当帰勺薬散(とうきしゃくやくさん)など沢山の種類があるように、ひとくちに更年期障害と言っても症状や辛さは人によって様々です。鍼灸治療でもその方の症状や体質、体のどこに負担がかかっているかなどを問診しながら考察し、肩こりを感じるから肩に鍼をするといった対処療法ではなく、身体全体をみてその方の体質に合わせて自律神経を整えるようにアプローチしていきます。

また、当院では生活習慣やお食事内容についてもアドバイスをさせて頂きます。減ってきたエストロゲンを補う働きができる大豆(イソフラボン)の摂取はもちろんのこと、その方の体質に合わせた摂取した方がいい食材や避けた方がいい食べ物などのお話しをさせて頂きます。また、女性ホルモンと同じ働きをする精油を使ったアロマテラピーのトリートメントもオプションでつけることができますのでお困りのことや些細なお悩みについてもご相談ください。

患者様からのお声
50代女性 更年期障害の症状にお悩みで来院されました。


更年期による頭痛、めまいなどの症状に悩まされていました。
初めて鍼灸を受けたのですが1か月ほど経ち、今では頭痛やめまいの回数が減り快適に過ごせるようになりました。
先生の問診も丁寧で鍼の痛みもほとんどなく、施術後はリラックスしてよく眠れます。
引き続き体質改善に通い続けようと思います。

当院は鍼の本数は少なく身体に負担をかけないため、鍼灸治療が初めての方も受けやすいのが特徴です。それでも最小限のアプローチで最大限の結果を追求しています。女性特有のお悩みを話しやすい女性鍼灸師がいる鍼灸院です。

兵庫県西宮市高松町11-2 ピアン西宮205

受付時間:10:00~19:00
休業日:不定休
※完全予約制

お電話でのご予約

0798-66-8818

※施術中はお電話に出ることができません

ネットでのご予約

24時間ネット予約受付中です。

ネット予約はこちら

24時間ネット予約受付中です。

兵庫県西宮市高松町 11-2 ピアン西宮205
阪急西宮北口駅徒歩2分

0798-66-8818></span></p>
<p style=受付時間:10:00~19:00/休業日:不定休
※完全予約制

施術中はお電話に出ることができません

ネット予約はこちら
CLOSE